Regulamin

オンラインストアのこれらの規制は、インターネットアドレスで「Moi Mili」という名前で実行されるオンラインストアの運営に関するルールを定めています。 www.moimili.net、およびストアを介したバイヤーとの商品販売に関する契約の締結および実施の条件。 これらの規則は、売り手と買い手の間で締結される契約の一部になります。

オンラインストアでの購入に関係なく、買い手は注文を行う前に、以下の規制の規定を変更するものを含む、契約のすべての規定を売り手と交渉する権利を有します。 これらの交渉は、電子メールまたは書面で行われ、販売者の通信アドレス宛てに送られる必要があります:Moi Mili KlaudiaWcisło、ワルシャワ、ブロノフスカ通り7D、03-995ワルシャワの登録事務所 個別の交渉を通じて契約を締結する可能性から買い手が辞任した場合、以下の規則と適用法が適用されます。

1。 オンラインストアに関する情報

1.1。 で動作するオンラインストア www.moimili.net ワルシャワに拠点を置くMoi Mili KlaudiaWcisłoという会社の下で事業活動を行っているKlaudiaWcisłoが所有しています。 ulica Bronowska 7D, 03-995 ワルシャワは、経済大臣が管理する経済活動の中央登録簿に登録されており、NIP番号9930439924、REGON 146627846、以降「販売者」と呼ばれます。

1.2。 店舗データ:
銀行口座:
Alior Bank 98 2490 0005 0000 4530 8923 8415

通信データの保存:
ミリ・ミリ・クラウディア・ウィシスウォ
UL。 Bronowska 7D
03-995ワルシャワ
Mail:
moimili.info@gmail.com
連絡先電話番号:+ 881 543 398

2。 用語集
以下にリストされている用語は、規則で以下に示されている意味を持っています。

「バイヤー」-店舗の顧客、つまり、完全な法的能力を有する自然人、法人または法人ではない組織単位を意味し、法律は法的能力を付与し、事業活動に直接関係しない目的で商品を販売する契約を締結しますまたは専門家、つまり、自分のニーズを満たすこと。

"規制 "-販売者が所有する" Moi Mili "オンラインストアのこれらの規制を意味します。
「販売者」-ポイント1.1で指定された意味を持ちます。
「ストア」-売り手が所有する「Moi Mili」オンラインストアを意味します。
www.moimili.net バイヤーへの商品の販売。
「購入証明」-改正された11 3月2004の物品およびサービスに対する税法およびその他の適用法に従って発行された請求書、請求書または領収書。

3。 ストア提供

3.1。 販売者は、24時間インターネットを介して商品を販売しています。ストアのWebサイトのフォームに記入し、次のアドレスにメールで送信します。 www.moimili.net および電話で+ 48 881 543 398で数時間 8-16。 インターネット経由で注文する条件は、これらの規則に従って住所の詳細と支払いを含む注文フォームに正しく記入することです。

3.2。 メーカー名とブランドは、所有者の知的財産権であり、情報提供のみを目的としてストアに表示されます。 提示された製品およびそれらに関する価格リスト、写真、画像などの情報は、法律の意味内の広告またはオファーを構成するものではなく、商品に関する商業的な情報に過ぎず、実際の状態とわずかに異なる場合があります。

3.3。 ストアで提供される商品の数量と種類は可変であり、絶えず更新されます。

3.4。 ストア内のプロモーションの対象となる商品の数には限りがあります。 彼らの販売は、在庫が続く間、店によって確認された注文に基づいて実行されます。

4。 商品の価格

4.1。 オンラインストアのウェブサイトに表示されるすべての価格 www.moimili.net 商品は総額で(VATを含む)、ポーランドズロチで表されます。 商品の価格には配送費用は含まれていません。配送費用は、個別の配送価格リストに従って決定されます。

ストアのウェブサイトに表示される4.2価格 www.moimili.net 、商品の説明は商業情報のみを構成し、民法の意味内の申し出ではありません。 拘束力-特定の契約を締結するために、売り手が注文の実行の確認を確認した直後にのみ獲得します。

4.3各製品に指定された価格は、在庫が最後まで有効です。 ストアは、提供中の商品の価格を変更したり、ストアの提供に新しい商品を導入したり、ストアのページでプロモーションキャンペーンを実行およびキャンセルしたり、変更したりする権利を留保します。 商品の価格の変更は、実装を受け入れて確認した注文には影響しません。

5。 契約の締結および契約の実施

5.1。 注文プロセスは、選択した製品の横にある「カートに追加」ボタンをクリックすることから始まります。 購入者は、購入する商品を最終的に選択した後、「注文」ボタンをクリックします。 次に、購入者は、電子メールアドレス、配送方法の選択、および支払い方法の入力を求められます。 必要な情報を入力した後、バイヤーは「続行」ボタンをクリックします。 バイヤーは、注文した商品の配送先住所を提供するよう求められます。

5.2。 最終注文の前に、買い手は、特に注文を含む、注文に関する情報を読むことができます。 注文された商品、その単位と合計価格、割引の値と配送費用の計算。 注文した商品を出荷するために必要なデータを完成した後、購入者は「注文する」ボタンをクリックします。

5.3。 「注文」ボタンをクリックすることにより、買い手は売り手に注文で示された商品を購入する提案を、そこに指定された規則に基づいて提出します(「注文」、「注文」)。 注文フォームが購入者によって正しく記入され、ストアのページに含まれるシステムとメカニズムを使用して販売者に送信された場合に限り、注文は購入者による商品購入の有効かつ拘束力のあるオファーと見なされます。それ以外の場合は。 注文を出すことは、売り手がそれを受け入れることとは異なります。

5.4。 「注文する」ボタンをクリックすると、売り手は注文の詳細に関する情報を生成し、注文フォームで提供される買い手の電子メールアドレスに送信します(「注文概要メッセージ」、「注文概要」)。 注文の詳細に関する情報を売り手が送信することは、契約の締結を構成するものではなく、注文がストアに届いたことを買い手に通知することのみを目的としています。

5.5。 注文概要メッセージには、注文の結果生じる金額(商品の価格と送料)の支払い要求も含まれています。 買い手は、これらの規則から生じる条件および期限内に行われた注文に関する金額を支払うことを約束します。

5.6。 買い手が支払いを行った後、売り手は執行注文の受理について電子メールで買い手に通知します。 売買契約は、買い手が売り手から執行注文の受諾を確認するメッセージを受け取ったときに締結されます。 注文を受け付ける条件は、ストアの倉庫での製品の入手可能性です。

5.7。 売り手は、合理的な疑いがある場合(例:配送先住所が存在しない場合)、および買い手がこれらの規則の規定を順守しなかった場合に注文を確認する権利を留保します。 上記の状況が発生した場合、売り手は契約を取り消す場合があり、そのことについて買い手は電子メールで通知されます。

5.8。 注文を行うには、お客様が次のデータを提供する必要があります:名前と姓(会社名、納税者番号)、配送先住所、電子メールアドレス、および電話番号。

5.9。 売り手による注文の受諾を確認する前に、買い手は次のアドレスに電子メールで注文修正を送信できます。 moimili.info@gmail.com、およびその有効性のために、そのような修正は売り手による電子メールによって承認されなければなりません。 これは、引き出しから生じる買い手の権利には影響しません。

5.10。 契約の購入されたサブジェクトは、バイヤーが選択した販売ドキュメント、バイヤーが選択した配達のタイプとともに、注文のバイヤーが指定した配達場所に送信されます。
5.11注文を購入者に送信した後、ストアは出荷に関する情報を記載した電子メール(可能な場合)を生成します。

6。 商品の発送と配達

6.1。 売り手は、宅配便またはポーランドの郵便で配送することにより、世界中で注文を実行します。

6.2。 商品の配送は、発注者が選択した注文で行われます。

a)ポーランドの郵便局または宅配会社
b)電話または電子メールによる予約による個人ピックアップ。

6.3。 送料は購入者が負担し、購入者は注文する前に配送の総費用について通知されます。 注文に関する情報と配送費用を含む注文概要も、注文後、注文フォームに記載された住所に電子メールで購入者に送信されます。

6.4。 買い手は、宅配会社の従業員またはPoczta Polskaの前で、受け取り中に小包の状態を確認する必要があります。 小包が破損した場合、購入者はこの事実を宅配便業者に報告し、苦情レポートを作成し、この事実をストアに通知する義務があります。

6.5。 海外配送の費用は、宅配会社の関税に応じて、購入者と販売者が電子メールで個別に決定します。

6.6。 売り手は代引きを配達しません。

7。 注文処理時間

7.1。 注文処理時間とは、注文の発送準備に必要な時間を意味します。 売り手は、注文の支払い金額が売り手の銀行口座で受領された時点から最大3-5営業日に達するように、あらゆる合理的な努力をすることを約束します。

7.2。 土曜日または日曜日、または祝日に行われた注文は、最初の営業日から3-5営業日以内に実行されますが、その後の祝日は除きます。

7.3。 売り手は一時停止する権利を留保しますa いずれの場合もウェブサイトに事前に示された、一定期間ストアからの配送を行う www.moimili.net。 注文はそのような指定された期限内に処理されず、ポイント7.1で指定された注文を完了するための期限は自動的に延長され、指定された期限後の最初の営業日に実行を開始します。

8。 PAYMENT

8.1。 支払方法は、注文ごとに購入者が個別に選択します。

8.2。 購入者は、次の支払い方法から注文するときに支払いオプションを選択できます。

a)安全なオンライン支払いシステムPayPalまたはtPayを介して

b)銀行口座への送金。

8.3。 購入者が現金または小切手を送付して支払いを行うことはできません。

8.4。 ポーランドの銀行口座への振替(前払い)の場合、ストアでの注文の配置を確認する電子メールに記載された全額は、上記の5で言及されている注文をまとめたメッセージを購入者に送信した日から数えて5.4営業日以内に口座に送金する必要があります店舗の銀行の詳細と振替のタイトル(注文番号でもあります)。 支払いは、ストアの銀行口座への入金時に行われたとみなされます。 上記の期間内に、注文された商品は予約の対象となります。

8.5。 前述の期間内に転送が行われない場合、注文は送信されなかったと見なされ、購入者の購入オファーは期限切れになり、その結果、注文のキャンセルと予約の有効期限が切れます。

8.6。 売り手は、注文に対する支払いの受領を電子メールで確認します。

8.7。 例外的な状況では、支払い期限を延長することは可能ですが、その有効性のために、売り手はそのような新しい期限を電子メールで受け入れる必要があります。

8.8。 バイヤーが請求書の受け取りを希望する場合、ストアで注文することにより、20の財務大臣の規制に従って、請求書、これらの請求書の複製、およびその修正を発行し、電子メールで送信することに同意します。電子形式での請求書の送信、その保管の規則、および税務当局または財政管理当局が請求書を利用できるようにする手順(Journal of Laws 2012、item 2010)。

9。 契約テキストを表示して、保存する可能性。

9.1。 これらの規制は、ストアのウェブサイトwww.moimili.net / page / Regulationsにあります。

9.2。 さらに、Webブラウザーで使用可能な機能を使用して、規則を文書の形式で印刷および保存できます。

9.3。 発注された注文のデータは、さらにアーカイブすることができます:規則をダウンロードし、ブラウザーで利用可能な機能を使用してストアに発注された注文の最終ページで収集されたデータを保存するか、買い手が提供した電子メールアドレスに送信された注文の詳細に関する情報に含まれるデータを保存します。

10。 契約からの引き出し

10.1。 消費者の権利に関する30の5月2014法(24 6月2014の法則)、消費者(ビジネスまたは職業活動に直接関係しない起業家と法的な取引を行う自然人)事業所外は、理由を示すことなく、また技術で指定されている費用を除き、費用を発生させることなく、14日以内に契約から撤回する権利を有します。 33、アート。 34セクション 2とアート。 35法の30は、消費者の権利に2014をかけることができます。

10.2。 契約から撤回する期限は、納品日から14日が経過すると期限切れになります。

10.3。 撤回の権利を行使するために、消費者である買い手は売り手に名前、完全な住所、そして可能であれば電話番号、ファックス番号、電子メールアドレスを明確な声明で契約から撤回する決定について知らせなければなりません書面で。 買い手は、消費者の権利に関する2 May 30の法律に付属書2014として添付されたモデル撤回フォームを使用できますが、これは必須ではありません。 買い手は、売り手のウェブサイトにある引き出しフォームに記入して送信することもできます www.moimili.net。 買い手がこのオプションを使用する場合、売り手は、買い手から提供された住所に電子メールで契約からの撤回に関する情報の受信の確認を直ちに送信するものとします。 契約を撤回する期限を満たすためには、契約から撤回する期限の前に、契約から撤回する権利の行使に関する情報を送るだけで十分です。

10.4。 契約を撤回した場合、契約は無効と見なされ、売り手は消費者である買い手に、配送費用を含む買い手から受け取ったすべての支払いを返します(売り手が提供する最も安い配送方法以外の、買い手が選択した配送方法に起因する追加費用を除く) 、販売者が契約から撤回する購入者の権利の行使についての情報を受け取った日から14日以内に直ちに。 売り手は、買い手が別の解決策に同意しない限り、元の取引で買い手が使用したのと同じ支払い方法を使用して支払いを払い戻すものとします。 買い手は、返品に関連する手数料を一切負担しません。 売り手は、商品を受け取るまで、または買い手が返送の証拠を提供するまで、どちらか早い方で払い戻しを保留することができます。

10.5。 撤回の権利を行使する場合、消費者である買い手は、売り手に商品を発送または転送する義務がありますMoi Mili KlaudiaWcisło、Piłsudskiego20 / 5 street、33-100Tarnów契約から撤回する権利の購入者による行使に関する情報。 バイヤーが14日間の期限が切れる前にアイテムを送り返す場合、期限は満たされます。 買い手は、アイテムを返す直接の費用を負担します。 バイヤーは、アイテムの性質、特性、および機能を確立するために必要な方法とは異なる方法で使用した結果、アイテムの価値を下げる責任を単独で負います。

10.6。 消費者である買い手は、有形媒体に保存されていないデジタルコンテンツを提供する費用を負担しません。契約から撤回する期限までにサービスのパフォーマンスに同意しなかった場合、またはそのような同意の付与時に契約から撤回する権利の喪失について通知されなかった場合、または売り手は、技術に従って確認を提供していません。 15セクション 1とアート。 21セクション 1の行為の30は、消費者の権利に関する2014かもしれません(24の法律のジャーナル6月2014)

10.7。 撤回の権利は契約には適用されません。
a)サービスの提供について、起業家が消費者の明確な同意を得て完全にサービスを実施した場合、サービスの開始前に起業家によるサービスの実施後に契約から撤回する権利が失われることを通知された消費者
b)価格または報酬が、起業家がコントロールできない金融市場の変動に依存しており、それが契約の撤回期限までに発生する可能性がある場合;
c)サービスの対象が、消費者の仕様に従って製造された、または彼の個々のニーズを満たす役目を果たす、プレハブ製品ではない場合。
d)サービスの対象が急速な劣化の対象であるか、保存期間が短い品目である場合。
e)サービスの対象が密封されたパッケージで配送されたアイテムであり、パッケージが配送後に開封された場合、パッケージが開封後に健康保護または衛生上の理由により返品できない場合;
f)サービスの対象が、配達後、その性質により他の物と不可分に関連するものである場合。
g)サービスの対象がアルコール飲料であり、その価格が販売契約の締結時に合意されており、その配信が30日の満了後にのみ行われ、その価値が起業家が制御できない市場の変動に依存する場合;
h)消費者が、起業家が緊急の修理または保守のために彼のところに来るように明示的に要求した場合。 起業家が消費者が要求するサービス以外の追加サービスを提供する場合、または修理またはメンテナンスを実行するために必要なスペアパーツ以外のアイテムを提供する場合、消費者は追加サービスまたはアイテムに関して契約を撤回する権利を有します;
i)パッケージが配達後に開封された場合、サービスの対象が封印されたパッケージで提供される音声または映像の録音またはコンピュータープログラムである場合。
j)購読契約を除き、新聞、定期刊行物または雑誌を配達するため。
k)パブリックオークションを通じて締結。
l)契約がサービス提供の日または期間を示している場合、居住目的以外の宿泊サービスの提供、商品の輸送、レンタカー、ケータリング、レジャー、娯楽、スポーツまたは文化的イベントに関連するサービス。
m)有形媒体に保存されていないデジタルコンテンツの供給の場合、サービスの実施が、契約からの撤回の締め切り前、および契約からの撤回の権利の喪失について起業家から通知された後、消費者の明示的な同意で始まった場合

11。 苦情の手続きと保証条件

11.1。 売り手は、買い手に欠陥のない製品を提供する義務があります。

11.2。 売り手は、アートに定められた条件について消費者に責任を負います。 民法の556およびその後の欠陥(保証)。

11.3。 消費者との契約の場合、商品の配送から1年以内に物理的な欠陥が見つかった場合、危険が消費者に渡った時点で存在していたと想定されます。
11.4。 消費者は、販売されたアイテムに欠陥がある場合、以下を行うことができます。
a)値下げを要求するステートメントを作成します。
b)契約からの撤回の声明を提出します。
売り手がすぐに、そして消費者に過度の不便をかけずに、欠陥のあるアイテムを欠陥のないアイテムと交換するか、欠陥を削除しない限り ただし、アイテムが売り手によって既に交換または修理されている場合、または売り手が欠陥のないアイテムと交換または欠陥を除去する義務を満たしていない場合、アイテムを交換または欠陥を除去する権利はありません。

11.5。 消費者は、売り手によって提案された欠陥の除去の代わりに、欠陥のないもののアイテムの交換を要求するか、アイテムの交換の代わりに欠陥の除去を要求することができます。ただし、消費者が選択した方法でアイテムを契約に適合させることが不可能であるか、売り手によって提案された方法と比較して過剰なコストが必要な場合を除きます、過度のコストの評価では、欠陥のない商品の価値、見つかった欠陥の種類と重要性を考慮し、消費者がさらされる不利益も考慮します
満足する方法。

11.6。 欠陥が無関係である場合、消費者は契約から撤回することはできません。

11.7。 消費者は、販売されたアイテムに欠陥がある場合、次のこともできます。
a)欠陥のないものとのアイテムの交換を要求します。
b)欠陥の除去を要求する。

11.8。 売り手は、欠陥のないアイテムを欠陥のないアイテムと交換するか、削除する義務があります
消費者に過度の不便をかけずに、合理的な時間内に欠陥を発見します。

11.9。 買い手が選択した方法で欠陥のある品目を契約に適合させることが不可能な場合、または契約に適合させるための2番目の可能な方法と比較して過剰な費用が必要な場合、売り手は消費者の要求を満たすことを拒否できます。

11.10。 欠陥のあるアイテムが取り付けられた場合、消費者は販売者に欠陥のないものと交換した後、または欠陥を取り除いた後、販売者に分解および再組み立てを要求する場合がありますが、販売されたアイテムの価格を超えるそれに関連する費用の一部を負担する義務があるか、販売者に費用の一部を支払う必要があります販売アイテムの価格までの分解と再インストール。 売り手による義務の不履行の場合、消費者は売り手の費用とリスクでこれらの活動を行う権利があります。

11.11。 保証に基づいて権利を行使する消費者は、売り手の費用で欠陥品を苦情住所に配達する義務があり、商品の種類または設置方法が原因で消費者による品物の配達が過度に困難な場合、消費者はその場所で売り手が商品を利用できるようにする義務がありますどっちが 売り手の義務が履行されなかった場合、消費者は売り手の費用とリスクで商品を返品する権利があります。

11.12。 交換または修理の費用は、段落に記載されている状況を除き、売り手が負担します。 上記の11ポイント10。

11.13。 売り手は、欠陥のないものと交換したり、契約から撤回したりした場合、消費者からの欠陥品を受け入れる義務があります。

11.14。 14日以内の売り手は、以下に対応します。
a)値下げを要求するステートメント。
b)契約からの撤回の声明。
c)アイテムを欠陥のないものと交換することを要求する。
d)欠陥の除去を要求します。
それ以外の場合、彼は消費者の声明または要求を正当化したと見なしたと見なされます。

11.15。 販売者は、アイテムが消費者に引き渡されてから2年以内に物理的な欠陥が見つかった場合、および販売されているアイテムが消費者に引き渡されてから1年以内に使用される場合、保証責任を負います。

11.16。 欠陥を除去するか、欠陥のないもので販売されたアイテムを交換するという消費者の主張は、欠陥が発見された日から数えて1年後に失効しますが、アイテムが消費者にリリースされてから2年以内で、販売対象が1年以内に使用されたアイテムである場合消費者にアイテムを引き渡します。

11.17。 売り手またはメーカーが指定した商品の有効期限が商品の消費者への配送日から2年後に終了する場合、売り手はその期間の有効期限が切れる前に見つかったこの商品の物理的欠陥に対する保証の責任を負います。

11.18。 パラで指定された日付。 11ポイント15-17消費者は、販売されたアイテムの物理的な欠陥のために契約からの撤回または価格の引き下げのステートメントを提出でき、消費者が欠陥のないアイテムのアイテムの交換または欠陥の除去を要求した場合、契約からの撤回または価格の引き下げのステートメントの提出期限物事を交換したり、欠陥を削除したりするための期限の有効期限が切れたとき。

11.19。 保証に基づく権利のいずれかの裁判所または仲裁裁判所での調査の場合、消費者がこのタイトルに基づいて権利を与えられている他の権利を行使するための期限は、手続きの最終的な終了まで停止されるものとします。 したがって、それは、調停手続にも適用されます。ここでは、消費者に資格のある保証に基づく他の権利を行使する期限は、調停人または調停の無効な終了の前に締結された和解の承認を裁判所が拒否した日から開始されます。

11.20。 販売されたアイテムの法的欠陥に対する保証に基づく権利を行使するために、11段落15-16が適用されます。ただし、期間は、欠陥の存在について消費者が学習した日から、サードパーティのアクションの結果として-サードパーティとの紛争で発行された決定が最終的になった日から。

11.21。 物事の欠陥により、消費者が契約からの撤回または値下げの声明を行った場合、損傷が売り手が責任を負わない状況の結果であったとしても、欠陥の存在を意識することなく、契約を締結したために被った損害の補償を要求することができます、特に、契約締結費用、商品の収集、輸送、保管および保険の費用の払い戻し、それらから利益を得られない範囲で行われた支出の払い戻し、および第三者からの払い戻しを受けていないプロセスの費用の払い戻しを要求する場合があります。 これは、一般原則に基づいて損害を修復する義務に関する規定を害するものではありません。

11.22。 欠陥を特定するための期間の満了は、売り手が欠陥を不正に隠した場合の保証権の行使を妨げるものではありません。

11.23。 売り手は、消費者に経済的利益を提供または提供する義務がある場合、法律で定められた期間内に遅滞なくそれを実行します。

12。 個人データの保護

12.1。 ストアの消費者によって提供される個人データのデータベースの管理者は売り手です。

12.2。 売り手は、29 8月1997の個人データ保護法および18 7月2002の電子サービス法に従って、個人データを保護することを約束します。 買い手は、注文時に売り手に個人データを提供することにより、注文を完了する目的で売り手が処理することに同意します。 購入者は、いつでも自分の個人データを表示、修正、更新、削除することができます。

12.3個人データは、ポイント13.2で指定されている以外の目的で、売り手から他のエンティティに開示されることはありません。

12.4個人データは、第三者によるアクセスを防止する方法で、個人データ保護法に従って処理および保護されます。

13。 最終規定

13.1。 売り手と買い手の間で締結された規制と販売契約は、ポーランドの法律の対象となります。

13.2。 各購入者は、規則を読む義務があり、その規定は、ストアで注文を行った時点で購入者を拘束するものになります。

13.3。 これらの規則の一部またはその一部が無効になった場合、残りの条項が無効になることはなく、締結された販売契約の有効性にも影響しません。 無効な条項は、無効な条項の目的を最もよく満たす適切な法的に許容される条項に置き換える必要があります。

13.4。 買い手は、買い手または売り手の居住地/登録事務所を管轄する一般的な裁判所の前に、売り手に対して訴訟を起こすことができます。 売り手は、買い手の居住地/登録事務所を管轄する一般的な裁判所の前にのみ、買い手に対して訴訟を起こすことができます。

13.5売り手はいつでもこれらの規則を変更できますが、これらの変更は注文が進行中で、以前の規則の有効期間中に提出された購入者の状況(権利)を悪化させることはありません。

13.6規制は、25 December 2014から適用されます。