Polityka情報保護方針

Polityka情報保護方針

1。 一般規定

1.1。 このオンラインストアプライバシーポリシーは参考情報であり、サービスユーザーまたはオンラインストアの顧客に対する義務の源泉ではありません。

1.2。 オンラインストア経由で収集された個人データの管理者は、クラウディア・ウィシスウォであり、クラウディア・ウィシスウォ・モイ・ミリという名前でビジネスを運営しています。 UL。 Gizów3 / 41 01-249ワルシャワ、NIP 9930439924、REGON 146627846、電子メールアドレス: moimili.info@gmail.com-以下、「管理者」と呼ばれ、同時にオンラインストアサービスプロバイダーおよび販売者でもあります。

1.3。 サービス受領者と顧客の個人データは、29 8月1997の個人データ保護法(法1997番号133、改正された項目883)(以下:個人データ保護に関する法律)および18 7月2002の電子的手段(Journal of Laws 2002 No. 144、アイテム1204、修正済み)によるサービスの提供。

1.4。 管理者は、データ主体の利益を保護するために特別な注意を払い、特に、彼によって収集されたデータが法律に従って処理されることを保証します。 指定された正当な目的のために収集され、それらの目的と互換性のないさらなる処理を受けない。 処理の目的を達成するために必要以上に関係のない人物の識別を可能にする形式で処理および保存される目的に関して、事実上正しく適切です。

1.5。 このウェブサイトに表示され、大文字で始まるすべての単語、表現、頭字語(売り手、オンラインストア、電子サービスなど)は、オンラインストアウェブサイトで利用可能なオンラインストア規則に含まれる定義に従って理解する必要があります。

2。 データ収集の目的と範囲およびデータの受領者

2.1。 管理者が処理するデータの目的、範囲、および受信者は、オンラインストアでサービスユーザーまたは顧客が行ったアクションの結果として毎回発生します。 たとえば、顧客が注文時に宅配業者ではなく個人のコレクションを選択した場合、彼の個人データは販売契約の締結と実装のために処理されますが、管理者の要求に応じて出荷を行う運送業者は利用できなくなります。

2.2。 管理者がサービス受領者または顧客の個人データを収集する可能性のある目的:
a)販売契約または電子サービスの提供に関する契約(アカウントなど)の締結と実施。
b)管理者自身の製品またはサービスのダイレクトマーケティング。
c)オンラインストア顧客の個人データの可能な受信者:
-郵送または宅配便による配送方法でオンラインストアを使用するお客様の場合、管理者は、お客様の収集した個人データを、選択した運送業者または管理者の要求に応じて発送を行う仲介者に提供します。
-電子決済またはペイメントカードを使用してオンラインストアを使用するお客様の場合、管理者は、オンラインストアで上記の支払いを処理する選択されたエンティティに収集されたお客様の個人データを提供します。

2.3。 管理者は、オンラインストアを使用して、サービス受信者または顧客の次の個人データを処理できます。 メールアドレス; 連絡先電話番号。 配達先住所(番地、番地、アパート番号、郵便番号、都市、国)、居住地/勤務先住所/登録住所(配達先住所と異なる場合)。 消費者ではないサービス受取人または顧客の場合、管理者は、サービス受取人または顧客の会社名と納税者番号(NIP)を追加で処理できます。

2.4。 上記のポイントで言及された個人データの提供は、オンラインストアでの電子サービスの提供に関する販売契約または契約の締結と実施に必要な場合があります。 毎回、契約を締結するために必要なデータの範囲は、以前にオンラインストアのWebサイトおよびオンラインストア規則に示されています。

3。 クッキーと動作データ

3.1。 Cookieはテキストファイル形式の小さなテキスト情報であり、サーバーによって送信され、オンラインストアWebサイトにアクセスする人の側(たとえば、コンピューター、ラップトップ、またはスマートフォンのメモリカード-使用するデバイスに応じて)に保存されますオンラインストアをご覧ください)。 Cookieの詳細情報とその作成の履歴は、特に見つけることができます ここに: http://pl.wikipedia.org/wiki/Ciasteczko.

3.2。 管理者は、訪問者が次の目的でオンラインストアWebサイトを使用する場合、Cookieに含まれるデータを処理できます。
a)オンラインストアにログインしているサービスユーザーを特定し、ログインしていることを示します。
b)注文するためにバスケットに追加された製品を覚えている。
c)完成した注文フォーム、調査、またはオンラインストアへのログインデータのデータを記憶する。
d)オンラインストアWebサイトのコンテンツをサービス受信者の個々の設定(色、フォントサイズ、ページレイアウトなど)に適合させ、オンラインストアページの使用を最適化する。
e)オンラインストアWebサイトの使用方法を示す匿名の統計を保持する。
f)デフォルトでは、市場で入手可能なほとんどのWebブラウザーはデフォルトでCookieの保存を受け入れます。 誰でも、独自のWebブラウザー設定を使用して、Cookieの使用条件を指定することができます。 これは、たとえば、Cookieを保存するオプションを部分的に制限する(たとえば一時的に)または完全に無効にすることができることを意味します-ただし、後者の場合、これはオンラインストアの一部の機能に影響する可能性があります(たとえば、注文フォームを介して注文パスを通過することが不可能な場合があります)注文の次のステップでバスケットの製品を覚えていないため)

3.3。 CookieのWebブラウザー設定は、当社のオンラインストアによるCookieの使用に対する同意の観点から重要です-法律に従って、そのような同意はWebブラウザー設定でも表明される場合があります。 そのような同意がない場合は、CookieのフィールドでWebブラウザーの設定を変更する必要があります。

3.4最も一般的なWebブラウザーでのCookieの設定の変更とそれらの独立した削除に関する詳細情報は、Webブラウザーのヘルプセクションで入手できます。

3.5管理者は、オンラインストアの使用に関連する匿名化された運用データ(IPアドレス、ドメイン)も処理して、オンラインストアの管理に役立つ統計を生成します。 これらのデータは集約され、匿名です。つまり、オンラインストアへの訪問者を識別する機能は含まれていません。 これらのデータは第三者に開示されません。

4。 データ処理の基礎

4.1。 サービス受領者または顧客による個人データの提供は任意ですが、オンラインストアのウェブサイトに記載されている個人データ、および販売契約または電子サービスの提供の契約の締結と実施に必要なオンラインストアの規則を提供しないと、この契約を締結できなくなります。

4。 2。 サービス受領者または顧客の個人データを処理するための基礎は、彼が当事者である契約を実行するか、またはその結論の前に彼の要求に応じて行動を起こす必要があることです。 管理者自身の製品またはサービスのダイレクトマーケティングを目的としたデータ処理の場合、そのような処理の根拠は、(1)サービス受領者または顧客の事前の同意、または(2)個人データ保護法の条項23、パラグラフ4に従って法的に正当化された目的の履行です管理者自身の製品またはサービスのダイレクトマーケティングは正当な目的と見なされます)。

5。 データの管理、アクセス、およびコンテンツの権利
IMPROVEMENT

5.1。 サービス受領者または顧客は、個人データにアクセスして修正する権利を有します。

5.2。 各人は、管理者のデータセットに含まれる自分に関するデータの処理を制御する権利を有し、特に:個人データの補完、更新、修正を要求する権利、処理が一時的または永続的に中断または削除されている場合、それらが不完全で古くなっている場合、偽り、または法律に違反して収集された、または収集された目的を達成するためにもはや必要ではない

5.3。 お客様またはお客様が管理者自身の製品またはサービスのダイレクトマーケティングを目的としてデータの処理に同意した場合、同意はいつでも取り消される場合があります。

5.4。 管理者が管理者自身の製品またはサービスのダイレクトマーケティングを目的としてサービス受信者または顧客のデータを処理または処理しようとする場合、データ主体は、その特別な状況によりデータの処理を停止するための書面で動機付けられた要求を送信する権利もあります(1)または(2)オブジェクトのデータ処理に。

5.5。 上記の権利を行使するには、このプライバシーポリシーの冒頭に記載されている管理者のアドレスに書面または電子メールで適切なメッセージを送信して、管理者に連絡することができます。

6。 最終規定

6.1。 オンラインストアには、他のWebサイトへのリンクが含まれている場合があります。 管理者は、他のWebサイトに切り替えた後、そこに設定されているプラ​​イバシーポリシーを読むことをお勧めします。 このプライバシーポリシーは、このオンラインストアにのみ適用されます。

6.2。 管理者は、技術的および組織的な手段を使用して、保護されているデータの脅威およびカテゴリに適切な処理済み個人データの保護を確保します。特に、権限のない人への開示、権限のない人による削除、適用法および変更、損失、損傷または破壊に違反する処理からデータを保護します。

6.3。 管理者は、権限のない人が電子的に送信した個人データの取得および変更を防ぐために、次の技術的手段を提供します。
a)データセットを不正アクセスから保護します。
b)アカウントへのアクセスは、個別のログインとパスワードを提供した後にのみ行われます。